シングルマザーにおすすめしたい資格2つ!医療事務と登録販売者

スポンサーリンク
シングルマザー
スポンサーリンク

どうも。Rieです。
シンmamaナースRieのオフィシャルブログ
ご訪問ありがとうございます。

前回の記事
シングルマザーにおすすめしたい資格と資格取得時に
受けられる支援制度を紹介したのですが…

さらに
他にシングルマザーにおすすめできる資格ないかな…
と調べてみました。

調べてみて
医療事務と登録販売者の2つの資格の概要を知り
これはシングルマザーにおすすめできるなと感じました

 

そこで今回は2つの資格や仕事内容の詳しい説明と
両資格を取得するメリットとデメリットを紹介して
いこうと思い、記事をまとめてみました。

 

シングルマザーにおすすめの資格第2弾です。
ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめしたい資格その1:医療事務

シングルマザーにおすすめしたい資格2つ!医療事務と登録販売者1

こちらでは医療事務ってどんな資格?
を解決するべく資格や仕事内容などについて
見ていきましょう。

医療事務とは?

医療事務とは、病院などの医療現場で働く事務職
のことです。

 

病院で会計や受付をしているのが
医療事務の方たちです。

 

普通の一般の企業の事務職との大きな違いは
レセプト請求業務」でしょう。

 

私たちは普段病院に受診した場合に支払う
金額は健康保険が適応されて全体の3割分ですみますよね?

そして病院などの医療機関は残りの7割分の医療費を
健康保険組合に請求して利益を得ています。

 

医療事務のレセプト請求業務とは
その残りの7割分の医療費を健康保険組合に
請求する業務のことです。
医療事務のレセプト業務で病院の経営を支えて
いる重要な業務です。

 

レセプト請求業務は月末に1ヶ月分をまとめて
請求するので私の働く病院でも
毎月末は医療事務の皆さんは
遅くまで残って仕事をしたりしています。

 

このレセプト請求業務は特殊な計算が必要で
専門的な知識と作業の正確性を求められる業務なので
とてもやりがいを感じられる仕事なのではないかと思います。

医療事務のメリットとデメリットとは?

では医療事務のメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット1:資格を取りやすい

医療事務の資格を目指すメリットとして
資格を取りやすいということが挙げられます。

また養成機関に通学しなくても
通信教育で4〜6ヶ月程度で資格取得が可能です。

 

しかも嬉しいことに
資格取得試験はテキストを見ながらで可能。
さらに試験もインターネットでいつでも受けられたり
毎月受けることが可能な場合もあるので
公的資格と比べても取りやすい資格だと思います。

メリット2:働き方を選べる

求人サイトを見ると分かるのですが
医療事務の働き方は正社員、パート、アルバイト、
派遣社員など豊富にあります。

 

子供の年齢を考えた働き方ができますね。
子供の小さいうちはアルバイトやパートで働き
子供が大きくなったら正社員に変更するなど
病院なので柔軟に対応してもらえると思います。

関連記事はこちら

メリット3:安定した仕事

医療事務が働くのは病院などの医療機関です。
病院は景気に左右されることなく
求人も多いので安定した仕事だといえます

 

また、医療事務の仕事は専門性が高いので
経験を積めばブランクがあってもできるため
再就職しようというときにも安心です。
これは看護師と似てるなと思います。

デメリット1:資格が無くても働ける職種

医療事務は資格がなくても働けるそうです。
調べてみるまで私も知らなかったので驚きました。

 

また資格も複数ある民間の資格なんだとか。
医療事務の資格を取るって言ってた友人がいますけど
なくても働けるなら資格取らずに直接面接とかに行けば
良かったんじゃないかな…ともっと早く調べて教えてあげれば
良かったなと後悔しました。

デメリット2:給料があまり高くない

地域や病院などの医療機関によって多少ばらつきが
あるようです。

今回は私が神奈川県在住なので
ジョブメドレーで神奈川県の医療事務の求人に掲載されている
平均の月収をまとめてみました。

正職員(正社員のこと) パート・アルバイト

平均月収 22.9万円

最高額は25.7万円

最低額は20.1万円

平均時給 1,296円

最高額  1,360円

最低額  1,232円

正直私の感覚ではお給料が良いのかそうでないのか
の判断がつかなかったので、あくまでも参考値ですが

  • 一般の事務職のお給料に比べれば月収も時給も高い
  • パートやアルバイトの一般的な時給よりも高い

ということになるでしょうか。

 

今回は一般の会社のお給料などは
調べていないのでお給料の高い安いで
デメリットとして挙げるのはわからないのですが
お給料があまり良くないことがデメリットとされて
いました。

おすすめしたい資格2:登録販売者

シングルマザーにおすすめしたい資格2つ!医療事務と登録販売者2

 

 

 

 

 

 

 

次に登録販売者について見ていきましょう。

登録販売者とは?

薬を扱う資格といえば薬剤師がまず浮かぶと
思います。
しかし薬剤師になるのはお金も時間も
かかるので大変です。

 

そこで2009年にできた比較的新しい公的資格が
登録販売者です。
登録販売者なら学歴や経歴に関係なく誰でも
資格試験を受験することができます。
そして試験に合格すれば登録販売者として活躍すること
ができるようになります。

登録販売者と薬剤師の違い

薬剤師は医師の処方箋が必要な薬品から
市販で販売されているものまであらゆる薬を
扱うことが出来ます。

また医薬品は第一類医薬品から第三類医薬品まで
分類されています。

そして医師の処方箋が必要な調剤と第一類医薬品は
薬剤師でないと販売出来ません。

 

登録販売者はそれ以外の第二類医薬品と第三類医薬品を販売
することができます。
しかも第二類医薬品と第三類医薬品で全体の約9割
占めているそうなのでほとんどの医薬品を登録販売者
が販売できるというわけです。

 

そして医薬品は薬局だけでなくドラックストア、スーパー
ホームセンターなどでも取り扱いがあるので
登録販売者の活躍できる場が広がっている
いえますね。

 

私も資格について調べるまでは
登録販売者って何をする仕事なのか知りませんでした。
登録販売者の資格を取れば働く場の選択肢が広がり
ますね。

登録販売者のメリットとデメリット

メリット1:給料が良い

正職員
平均月収23.9万円

最高額28.1万円

最低額19.1万円

こちらも神奈川県の求人の平均月収を表で表して
みました。

 

シングルマザーの平均年収が200万円ほどなので
登録販売者として働けば初任給でも年収300万円ほどに
なるのでシングルマザーの収入アップにつながりますね

メリット2:国家資格で活躍の場が多い

登録販売者の資格は国家資格です。
これは大きなメリットではないでしょうか。

 

神奈川県の求人情報を調べる限り、
ドラックストアの求人がかなり多かったです。

 

さらに2年間の経験があると1人でも薬の販売が
できて店舗管理者の登用もあるようです。

メリット3:自宅近くで働ける

メリット2でお話した通り求人は
大手ドラックストアが多いです。
大手のドラックストアなら店舗数もかなり
あるはずなので比較的近所で働ける可能性も
高いですよね。

 

自宅近くで保育園や学校も近いとなったら
通勤のわずらわしさもなく働きに行けていいですよね

デメリット1:資格を取るのがやや難しい

これは資格が国家資格だからだと思います。
勉強するのは通信教育で3ヶ月~8ヶ月くらいの
ようですが、いずれも6ヶ月の勉強期間などの準備が必要です。

 

そして試験は年に1回で都道府県ごとに試験が行われます
マークシート形式の問題で全問題の7割程度の正解すれば
合格できます。
合格率は都道府県でばらつきがあるものの
全体の40~50%くらいのようです

 

準備に時間がかかる上、試験が1年に1回、
さらに約半数の合格率となるとシングルマザーが目指す
資格としてはデメリットになりますね。

シングルマザーにおすすめしたい資格2つ【まとめ】

シングルマザーにおすすめしたい資格2つ!医療事務と登録販売者4

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は
シングルマザーにおすすめしたい資格の
医療事務登録販売者の2つを紹介し
それぞれのメリットとデメリットをまとめて
きました。

いかがでしたか?

 

  • 医療事務は資格がなくてもできる仕事
  • 登録販売者は資格取得のハードルがやや高め

 

というデメリットもありましたが…
それでもやはりシングルマザーの経済的な不安を
少しでも和らげるためには資格取得して
その資格を活かした仕事をすることが一番だと
感じました。

 

今回紹介した資格でなくても
資格は他にもたくさんあります。
今回の記事を参考に1人でも多くのシングルマザー
が資格や技術を学んで活躍してくれることを
期待しています。

 

以上で記事のまとめを終わります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました