シングルマザーの多い都道府県ランキング【1〜3位】&理由を解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうも。Rieです。
シンmamaナースRieのオフィシャルブログ
ご訪問ありがとうございます。

まだ、ブログ運営を始めて間もない頃書いた
記事をリライトしようと振り返っていたんです。

そしたら、
シングルマザー(母子世帯)都道府県ランキングベスト10!1番多いのはどこ?
の記事が一番見てもらえてたんです!

上記の記事を
より深堀りして記事を書いたら、面白いかな。

とふと思いました。

そこで、今回は、

  • シングルマザーの多い都道府県ランキング1〜3位までの紹介
  • なぜ?シングルマザーが多いのか?理由を解説

を記事にまとめてみることにしました。

ぜひ、最後まで読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

シングルマザーの多い都道府県ランキング1〜3位を紹介

1980〜2015年までの調査結果をもとに
シングルマザーの多い都道府県1〜3位を
紹介していきますね。

1位:大阪府

1位は大阪府です。
母子世帯数は64.840世帯。

私の印象では
人口的にみて、東京都が1位だと
思っていたんですけどね。意外でした。

大阪府の全世帯数は、412万7.283世帯です。

大阪府の場合、
シングルマザー(母子世帯)の割合は
1.5%程になりますね。

2位:東京都

2位は東京都です。
母子世帯数は60.848世帯。

私の予想に反して2位の東京都。

東京都の全世帯数は、721万9,402世帯。

東京都のシングルマザー(母子世帯)の割合は、
0.8%程です。

流石に東京都は人口や世帯数が多い。
でも、シングルマザー(母子世帯)の割合は
1%未満ですね。

3位:北海道

3位は北海道です。
母子世帯数は45.651世帯。

北海道の全世帯数は、244万世帯。

北海道は面積が広大な割には、
全世帯数は日本第8位とやや少なめですね。

北海道のシングルマザー(母子世帯)の割合は、
0.1%程です。
※参考元:母子世帯数の日本全国ランキング(都道府県別)
※大阪府・東京都・北海道の全世帯数は令和2年の国税調査結果より出典

シングルマザーの多い都道府県ランキング1〜3位のランクイン理由

今回は、シングルマザー(母子世帯)の多い、
都道府県ランキング1〜3位がランクインしている理由を
まとめるつもりでいました。

しかし、
私が調べた限り、正確な理由までは
わかりませんでした。

なので、1〜3位の都道府県の、

  • シングルマザー(母子世帯)に対する取り組み
  • 特徴的な手当・支援制度

について調べた内容をもとに私自身が分析した理由をまとめています。

それでは、以下より私が分析したランクイン理由に
ついて解説していきますね。

1位:大阪府のランクイン理由

大阪府のランクイン理由は、

住宅手当がある市町村が多いことが考えられます。

住宅手当は、「ひとり親手当(児童扶養手当)」の一つなのですが、

市町村によって支給額にはばらつきがあります。

その住宅手当は、

家賃の何分の1かは補填してもらえるので、収入が比較的低いと言われているシングルマザーにとっては嬉しい制度だと思います。

2位:東京都のランクイン理由

東京都のランクイン理由は、

3位:北海道のランクイン理由

北海道のランクイン理由は、

シングルマザーの多い都道府県ランキング1〜3位&理由【まとめ】

今回は、
都道府県別のシングルマザー(母子世帯)ランキング
1〜3位までの都道府県の紹介と、
ランクインされている理由
についてまとめてきました。

いかがでしたか?

全体的な印象としては、

第1位の大阪府も第2位の東京都も

第3位の北海道も支援サービスや助成制度的にほとんど差はなく、

特徴的な理由もはっきりとはわかりませんでした。

東京都は、比較的「ひとり親」に対する公的なサービスや支援制度が充実している地域が多いという印象を受けました。

大阪府は、やはり、天下の台所と言われる所だけあって、活気がある地域も多いので、シングルマザーの多いところになっているのかなと感じました。

シングルマザーになる理由は、

  • DVやモラハラなどが原因で離婚し、シングルマザーになる人
  • 事故や病気等で死別が原因でシングルマザーになる人
  • 何らかの原因で選択的シングルマザーとなった人

など、様々です。

そして、
シングルマザーは年々増加していると言われています。

それでも、
全体的にみれば割合的にはかなり少ないな。
という印象が強かったです。

さらに、シングルマザーやシングルファザーを含めた

「ひとり親」に対する手当や支援制度は、都道府県単位ではなく、

市町村レベルの予算で賄われている制度であるため、都道府県内の中でも差があります。

なので、

市町村レベルでの手当や支援制度が
より充実している都道府県が
シングルマザー(母子世帯)にとって住みやすい地域

といえるのではないでしょうか。

私は、生まれも育ちも神奈川県横浜市ですが…

そんな私が残念に思うことは、横浜市の

  • 子育て支援も
  • ひとり親に対する手当やサービスも

他の地域に比べて遅れているなということです。

最近流行っているシングルマザーの移住とかは考えていませんが、

もっと横浜市の手当や支援制度が充実することを切に願っています。

以上で今回の記事のまとめを終わります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました